ムダ毛処理による、脇の黒ずみ

脇のムダ毛、処理するのは大変ですが、薄着になると袖の隙間から見えてしまうこともあるし、海水浴やプールに行くなら、その処理は必須ですね。
脇の処理、皆さんはどうしていますか?

抜く人、剃る人、やり方は色々だと思います。
エステなどを利用せず、自宅でムダ毛の処理をおこなっている方、実は、自己処理が一番肌に良くないそうです。

私も、エステに行くのは面倒ですし、そのお金を他に回して好きなことをしたい派なので、脇の毛の処理は自分でします。
大体の方は、同じく、自宅で簡単に済ませるのではないでしょうか?
でも、その自己処理のせいで、脇の黒ずみを起こし、悪化させているそうです。

カミソリで剃ることで、摩擦によって細かい傷が沢山でき、皮膚が荒れます。また、摩擦によって皮膚に軽い炎症が起きた状態になるそうです。
繰り返しの処理で荒れや炎症が継続し、治らないままの状態が続くと、肌にしみの原因とされるメラミンが排出され続けて、黒ずみになるそうです。

他にも、細かい黒いぶつぶつが出来た状態で、見た目が黒くなることがあります。
これは、毛抜きなどによって脱毛した際、毛穴と皮膚が強く引っ張られることにより、肌に負担がかかります。毛を抜いた肌に炎症がおきて、角質が厚くなり、毛穴をふさいでしまうそうです。その為、毛が埋没した状態になり、表面に出てこないまま、黒いぶつぶつになってしまいます。

もう一つは、汗をかいたときに、すっきりするために制汗在を使用する人も多いと思いますが、この制汗剤などが毛穴に詰まっている状態です。
お風呂に入ったときに、制汗剤を十分に落としていないと、その上にまた制汗剤がつまり、ぶつぶつになってしまうそうです。

いろんな原因がありますよね。

これらの原因を知っておくことで、黒ずんだ状態を改善すれば良いんです。

くすみによる黒ずみは、美白ケアが有効だそうです。シミと同じメラミン分泌による黒ずみなので、メラミンを抑える美白ケアをするのが有効なんです。

カミソリなどによる黒いぶつぶつ、これは肌が炎症を起こしていることが原因です。荒れたところへ再度カミソリを当てるのではなく、皮膚の炎症が治まるまで待って、次の処理をおこなうことです。

三つ目に清潔を保つこと。三番目の制汗剤の例のようなことがあるので、体を洗うときには、よく泡立てた石鹸などで、優しく丁寧に汚れを洗い流すことです。古い角質を溜め込まないように、毎日気にかけて洗いましょう。

くすんだ肌には保湿も大切なので、あわせて保湿ケアをすること、
カミソリの処理と、抜く処理、交互におこなうのが良いでしょうね。

沸き専用の化粧品もあるそうですよ。私も知らなかったので、試してみようと思います。

面倒な脇の毛の処理ですが、知らないうちに恥ずかしい思いをしないように、自分をキレイに見せるために、女性の皆さん、頑張りましょうね。

標準