ムダ毛処理あるある!赤いブツブツ。

足のムダ毛処理、カミソリで処理した後に足全体に赤いブツブツが広がっていることはありませんか?私も経験したことがありますが、きちんとした理由を調べたこともなく、ちょっと調べてみました。

赤いブツブツの原因は、大きく二つあるそうです。

一つ目は、〔皮脂欠乏性湿疹〕
肌は乾燥により、肌のバリア機能といわれる皮脂が低下します。これによって、外部からの刺激に弱くなり、かゆみや赤みといった症状が出るそうです。
乾燥肌や敏感肌の人がなりやすいですが、皮脂の多い脂性肌の方も、こういった症状がおこることはあるそうです。

二つ目は、〔毛嚢炎(もうのうえん)〕
これは、カミソリ負けして、皮膚が炎症している状態です。
ブツブツの中心に膿が見えることもあり、ニキビと間違えることもあるそうですが、ムダ毛処理をした部分全体に、まんべんなく発生するのは、この毛嚢炎と考えられます。

確かに、ムダ毛を剃った後、気にはなりますが、かゆみがなければ特に処置することもなく過ごしていましたが、上記のどちらも、カミソリ等の自己処理によるものだそうです。

皮脂欠乏性湿疹は、乾燥して弱っている肌に、カミソリを当てることにより肌を傷つけるもの。
毛嚢炎は、カミソリを当てた肌が傷つき、そこにブドウ球菌などの菌が入り、炎症をおこすもの。だそうです。

これらの症状は、どのように改善すればよいか?

まずは、自己処理の方法です。
カミソリやシェーバーでムダ毛の処理をする時、どこでしますか?
剃った毛の後始末や、洋服のことを考えると、バスルームでムダ毛処理をする方も多いのではないでしょうか?私も、ついやってしまいますが、これって、浴室の温かさで、皮膚が柔らかくなり、傷つきやすくなっています。この状態でカミソリを当てると、肌はすぐにボロボロになってしまいます。

また、浴室にカミソリを保管していると、気が付かずにカミソリの刃が錆びなどでガタガタになり、皮膚に引っかかりやすくなって、余計に肌を傷つけることになるとか。

他にも、逆剃りや、同じところを何度も剃ることで、皮膚への負担が増え、肌の症状を悪化させることになります。

肌が弱い方は、このような事に注意して、自己処理を行ってください。

肌への負担を考えると、やはりエステなどで適格な処理をしてもらうのが良いようですし、
ムダ毛を処理する手間と、カミソリ代などを考えると、エステで永久脱毛の方が良いのでは?という意見も多いようです。

長い目で見て、自分にとって良い方法で、綺麗な肌を保てると良いですね。

標準