ムダ毛処理後にかゆくなりませんか?

女性にとって、ムダ毛の処理は必須といっても過言ではないと思いますが、皆さんはどのような方法でムダ毛の処理をしていますか?
冬場は洋服などで隠れる場所が多いので、さぼることもありますが…、夏場となると、肌は露出するし、他人の目も気になるので、処理しないわけにはいかないですよね。
毎日のように、ムダ毛を気にして、ムダ毛の処理をすることになります。

でも、そんなムダ毛処理後に、かゆくなって困っていないでしょうか?

私自身もそうなのですが、ムダ毛には悩まされています。
カミソリで処理をした後に、皮膚がかゆくなり、乳液を塗ってみたり、保湿クリームを塗ってみたりして、なんとなく凌いできました。

よい機会なので、ムダ毛処理後のかゆみについて、ちょっと調べてみました。

まず、処理の方法として、カミソリで剃った後にかゆみが発生する人が多いようですね。

かゆみの原因は、カミソリの刃によって引き起こされるのですが、カミソリの刃を直接肌に充ててムダ毛を切っていくわけです。そうすると、微量ですが、自分自身の皮膚まで剃ってしまっているそうです。
大げさに言うと、剃った場所全体に転んで擦りむいたような怪我をしている状態になっているわけですね。
そして、かゆみが発生する。ということのようです。

さて、かゆみの対策として、乳液を塗っていた私ですが、これは間違いのようですね。
怪我に乳液を塗るとどうなるでしょう?
想像するだけでも、痛々しいですよね。
怪我をしているのですから、皮膚を保護するワセリンや、かゆみ止めの薬を使用するのがよいそうです。
調べてみると、「ムダ毛処理後のかゆみに」とうたっている市販薬もありました。
成分も、かゆみに効く成分、傷んでしまった皮膚を修復する成分が入っており、肌にしみにくい処方となっているので、かゆみに悩んでいる方は、ドラッグストアなどで探してみるとよいでしょう。

また、肌のかゆみの原因は保湿不足などもあるので、こまめに保湿クリームなどを塗って、皮膚の状態をよくしておくことも大切です。
カミソリも、T型カミソリは安価で購入しやすいですが、皮膚には強いようで、さらに、バスルームなど湿気のあるところで保管すると、錆びやすく、知らないうちに皮膚への負担を増やしている可能性もあります。
ムダ毛処理用のシェーバーなども売られていますので、出来れば専用の物を購入して、少しでも肌への負担を軽くすることをおすすめします。

標準